劇場心中

日記を書いたり心情吐いたり

卒業について

 

やばい。新鮮な話題を新鮮なうちに書けない病かもしれない。

 

わたしの大好きなあんステの、fineと紅月のキャストが、9月に行われるあんステフェスで卒業することになった。

卒業制度あったんかいワレ。いやまあ今までみたいにサイレント交代とかじゃなかっただけありがたいけど、それにしたってつらい。私がどれだけステふぃねちゃんが好きなのか分かっていないらしい。いや、全世界のあんスタの民はステふぃねちゃんも紅月も大好きなはずだ。暴動が起きなかったのが不思議なレベルである。

 

関係ない話ではありますが。

私が今ハマっているアイドルのワンマンツアーのファイナルに行ったんですよね。1ヶ月前くらいなんですが。その時に、メンバーの3人が卒業を発表しました。アイドルとして生きてきた彼女達が、私達みたいに、ただの人間として生きていく。

アイドルって存在は永遠ではなくて、一般的にはやっぱり、年月が経つにつれて、アイドルを続けることは困難になり、例に漏れずアイドルから"卒業"することになる。私は推しメンに永遠にアイドルをやっていてほしいと思っているけれど、それが無理なのもわかっていて。だからこそ、アイドルって尊い。1番輝いていて、それこそ遊びたい時期にすべてを投げ打って(と私は思っているがそうしていない人がいるのも知っています)、"アイドル"として生きる。それって簡単じゃないと思うんですよね。一般人の考えですが、所謂普通の人生を捨てて、アイドルとして輝くことを選んだわけなので。

アイドルとして輝ける時間は、とても短い。けれど、とても美しい。私はそう思います。そして、それをやめると決断した彼女たちの姿も、私には美しく感じました。何かを始めるのは難しいけど、やめることもとても難しい。ただ、卒業までの短い間だけでも、その煌めきを目に焼き付けることしか私にはできないんだなと感じます。

 

そんなわけで、ステのふぃねちゃんが卒業してしまう。もともとは舞台の役としてだったけれど、野嵜くん含め、あんステのキャストさんはキャラとして、そして何よりアイドルとして生きてくれた。アイドルがアイドルでなくなる瞬間は、やっぱり寂しい。けど、その瞬間を見届けたい。ドルオタ(と言えるほどドルオタしてないけど)1年生の私は、推しメンが卒業することを迎えてないけど、推しメンが卒業する時、こんな気持ちになるのかなあ。夢を見せてくれた存在が消えてしまうのって、切ない。ドルオタの人はどんな気持ちで推しメンの卒業を見届けるのかなあ。

多分、泣くけど、たくさんたくさんありがとうって思いたい。ていうか、多分思う。ステのキャストさんには、感謝してもしきれないから。

"アイドルは、みんなの夢を笑顔に、幸せにして返してあげるんだ。"

英智くんのこの言葉を体現してくれた役者さんに、心から感謝です。何が何でもあんステフェス行くぞ!

 

 

 

余談ですがモーツァルト!は楽しいです。

推しが帝劇0番に立つ日を案外冷静に迎えていた自分が怖い。

課題はたくさんあるかなあ、とも思うけど、呼吸してるだけで好きなので常に私の中で100点を連発してます。

大阪は行けないけど大楽は見に行くので……。名古屋めし、楽しみ〜!!!そして木下晴香ちゃんはかわいいです!!!!いくちゃんもかわいい!!!モーツァルト楽しい!

もうすぐ東京楽なのが寂しいです。

おしまい。

アイドルにおける勝ち負けについて

お久しぶりです。

まじで久々にブログ書いてます。誰も読んでないと思っていたのに地味にアクセスを伸ばしていて、どういう層の方に読まれているのかは分からないのですが、なんかとても申し訳ない気持ちになったので、更新してみっか〜という気持ちになりました。自意識過剰ですみません。

最後にブログを更新したのは1月か。時が立つのは早いですね。ちなみにあのアイドルについて(?)のブログを更新した2日後に、訳あって地下アイドルにハマりました。その話はまた追々。

 

色々と長いようで短かった4ヶ月を振り返ってみます。

まずあんステのライビュに行き、インフルで倒れ家で生執事の配信を見て、推しを追っかけて名古屋大阪に行き、ZeppTokyoに行き。その合間に地下アイドルに会いに行きズブズブとハマり、毎日楽しく過ごしております。

 

それはそうと、あんステを見てわたしはあほほど泣いてしまった。

泣くという行為は私にとって別に特別な行動ではない。好きな本を読んで泣くし、ライブで好きな曲をやられれば泣くし、アイドルの現場で初めて聞いた曲でも歌詞にやばい共感したり胸が締め付けられたりして泣くし、推しメンに会ってたくさんお話した帰り道は楽しさと寂しさと好きという気持ちが高じて涙が出てくる。

それはそうとして、あんステは素晴らしい舞台だった。傍から見ればたくさんある2.5次元舞台なのかもしれないけれど、あんスタが大好きで、夢ノ咲学院が大好きで、天祥院英智というキャラクターが大好きな女からすれば心の底から素晴らしい舞台だった。

fineの完成度は、底知らずだ。いやfineだから天井知らずとか言ったほうがいいのかな。とにかく、JoKからさらに進化したfineのライブと、新曲Everlasting songは想像以上に素晴らしく、私が夢ノ咲学院の生徒だったら間違いなく虹色を振り回していた。特にEverlasting songは本当に翼を羽ばたかせこの世に舞い降りた天使かのごとくfineが、英智くんが輝いていた。英智くんのソロパートを聴いた瞬間、私はこのために生まれてきたのだと思わざるを得なかった。それほど素晴らしかったから、当然のように号泣した。fineがこの世に存在している。でも、今思うとなぜ泣いたのかは分からない。ただその気高さに圧倒されて涙が出てきたのか、はたまた素晴らしいパフォーマンスに感動したのか、分からない。メインストを読んでいたのに、私はfineが負ける未来が1ミリも想像できなかった。Trickstarもそれは楽しいライブを見せてくれるし、他のアイドルもみんなみんなすごかった。らびっつのライブ見るとらびおじになってしまい語彙力が喪失する。

それでも、私にとってはfineが1番で、負ける未来なんて考えられなかった。言ってしまえば、メインストの桃李ちゃまと同じ状態だった。けれど、よくある物語のように、敵役となったfineは負けてしまう。たった一票、あと一票fineに入っていれば勝ちだったのに。私が現地に行ってペンライトを振りたいレベルである。しかも、そもそもfineは負けていないのである。夢ノ咲学院の制度によって、"負け"という結果になってしまっただけ。打ちながら混乱してきた。あんスタの主人公はTrickstarだから仕方ないのだけれど、それでも私の中の主人公は英智くんで、fineだ。なんで負けたのか、分からなかった。

夜公演を見たときも、結局fineのライブで泣いてしまった。相変わらずすごいライブをするな、という感情もあったが、1番は、こんなにすごいのに、負けちゃうんだな、って心のどこかで思ってしまったから。結末を知っていても、ものすごく悔しい。何度も言うけれど、私の中でfineはずーーっと1位だ。前山さん、安井くん、野嵜くん、星元くんのとてつもないパフォーマンス力は本物なのに。英智くんは自分が提案したドリフェスで首を絞められ、自分の体調と自分の作った制度によってトドメを刺されてしまった。

でも、最後に英智くんが見せた笑顔は本物だから。君たちと出会えてよかった、と言う英智くんの笑顔は何物にも変えられないのだ。だからファンも、桃李ちゃまも、運命を受け入れるしかなかった。

 

アイドルに勝ち負けをつけるのって、すーごく難しい。だって、ファンにとっては推しが1番だし、実際現場に行ったら「優勝した!」などと言っているし(ニュアンスは違うかもしれないけど)、やっぱりどうしてもオリコンとかの順位を気にしてしまう。

fineは負けてしまったけれど、やっぱりいつまで経っても私の中で1番だし、たくさんいるfineファンの中でも1番だと思う。でもはっきり白黒つけられるのは厳しいな、と改めて考えさせられた、あんステなのでした。推しには1番になってほしいよ〜〜!!!!

でも、次は勝ち負けのない夢ノ咲学院を、英智くんが作ってくれたから。これからもfineが、夢ノ咲アイドルちゃんみんなが、何より英智くんが、1番輝けますように!

以上!何もまとまらなかった!

 

きらきら

今週のお題「私のアイドル」

明けましておめでとうございます。(遅)
生執事について書こう〜書こう〜と思っていたのですが、なんともうまくいかないもので、書くとまとまりなさすぎて死ぬ気がしてきたのでぼちぼちやります。2ヶ月後とかに。あと水城せとなさんの作品を読み返す期が訪れていたのですが、いろいろ考えたのでそれもまとめていきたいなと思います。

さて、今週のお題
私のアイドル、私にとってのアイドル。
アイドルって、何なんでしょうね。私はウン年前はKAT-TUNが好きで曲など聴いていて(野ブタとかの頃です)、多少なりともアイドルというものに触れていたのですが。
その頃は、アイドルというのは顔が良い人間が歌やダンスでパフォーマンスをして人を楽しませるものだと思っていました。今もそうなのですが。

そんな話は置いておいて。
「私のアイドル」このお題を見た瞬間、私の頭に真っ先に一人のキャラクターが思い浮かびました。天祥院英智くんです。
私が現在プレイ中のアプリ「あんさんぶるスターズ!」は、アイドル育成学校に通っている生徒たちのお話。その中の最強ユニットのリーダーで、学院の生徒会長。(メインストーリーでは負けるんですけど……)
完全に私の主観なんですが、英智くんは誰よりもアイドルを愛しています。
「アイドルを文化の高みに引き上げる」そう豪語して、何もかも自分の思う通りに学院を作り上げてきた。けれどそれは、最終的に弱いユニットが勝てない仕組みへと繋がっていくのです。(このあたり、ロベスピエールっぽい。萌え)
けれど、きっと彼はそれを覆す奇跡を見たいと、望んでいました。

僕は、見てみたかったのかもしれないね。奇跡を。どうしようもない運命を覆す、君たちの輝きと、無限の可能性を

僕は病弱な身体に生まれつき、何度も神を呪ったよ。でも、もしもこの世に奇跡があるのなら……。希望が、夢が、愛があるならば

僕もこの世界を、運命を愛せるかなと……。そう、思っただけなのかもしれないね。愛だけでは、アイドルになれない。けれど愛がなければ、アイドルになる資格はない

僕はね、ただ単純に……。アイドルに、なりたかったんだ

これはメインストーリー*1の終盤で、彼が口にしたセリフ。簡単に言うと、自分に不利な状況で主人公ユニットと戦うシチュエーションを作ったことに対して、なぜと問われた時。
彼は、現在は同じユニットに所属している日々樹渉に強い憧れを抱いています。その他にも、学院に溢れる様々な才能を愛しています。ベッドの上から見ているだけだった才能を持った"アイドル"という存在に自分もなれたら、そんな奇跡が起きたら、という夢想を繰り返してきたのかもしれません。
愛がなければアイドルになる資格はない。彼は、何度も呪った自分の運命さえも愛して、アイドルになりたかった、と。
さて、そんな彼が考えるアイドルとは何でしょうか。
ストーリーを振り返りたいところですが、かんたんな答えがあるので紹介したいと思います。


f:id:ziznkn11720911:20180125205833j:plain

スカウトの☆5カットインのときに入るセリフです。未だにストーリーなどでは出てきていませんが、ボイスも録ってありちゃんと流れるので、本人の思想で間違いないはず。
単純だけど、とても気高い言葉。
私の持論ですが、アイドルって夢を売る仕事だと思うんです。うまく言葉じゃ言えないけど、キラキラ輝いている人を見て元気になったり、好きだなって思ったりして。そんな体験って、滅多に出来ないじゃないですか。それは顔の良し悪しに関わらず。
つまり、そういうことです。(雑)
私にとってのアイドルは、見ただけで元気になったり、笑顔になったり、ただ幸せだなあと思ったりできる、そんな存在です。
ていうか、ぶっちゃけると無条件にキラキラしてる人。あんステを見たときに、英智くんがいる!キラキラしてる!って思ったから……。
多分その幸せとか楽しいとか元気とか、全部ひっくるめて「キラキラしてる」って思うんだろうな。スバルくん*2もキラキラストリーム撒いてくれるし。
という感じでした。ずっと言ってるけど、英智くんはやっぱり最高に世界で一番アイドルだなあ!

*1:メインストーリーはアプリだけでなくても、単行本も出ているので読めます!!単行本だけの書き下ろしもあります。ちなみに英智くんは日々樹渉のことを「僕の英雄(アイドル)」と呼んでいました。それもなるほど〜って感じですね。

*2:あんさんぶるスターズの主人公です。

今年が終わるよ

 

今年もあと24時間経たずに終わってしまう!!!!!ということで突発的に振り返り!!!最近振り返りしかしてないな!!!だって何もないんだもんな〜!!

 

取り急ぎ最近の出来事。

あんスタの推しユニイベントは無事終わりました。桃李ちゃままで無事完凸できてよかった〜………。そんな走ってないのに常に体調が悪かった。

そして推しのanniversary bookが発売されました。ぱちぱち!めでたい!インタビュー読んでやっぱり好きだな〜来年も好きだな〜と思いました。赤いライダースが最高!!!!!!!!インストアイベントはありませんでした。なかったのだ。

あとテニラビが永遠に楽しい。

あとは…………友達の推しさんのライブ行ったりなんやかんやあったり。

そうそう、チケキャンが死んでしまいました…………。黙祷。シクシク……………。

まあ最後の最後に黒執事の初日というよく分かんない特大イベントが待ってます!初日終わってから今年の振り返りしようかなと思ったけど絶対無理だし……。

頑張って!推し!!応援してるよ!!!

 

はい、そして今年。

ロミジュリの初日が、リアルのイベントと被り、推しユニ箱イベと被り、もはやゲラゲラ笑いながら過ごしました。

FCイベも楽しかったし、(FCイベで1番楽しかった思い出を上げるとするならば、ライブツアーの日程発表されてざわっ……てなる会場に対して「みんなスケジュール確認してるwww」ってケラケラ笑ってる推しです)推しは近くで見ても綺麗だし、推しは大きかったし、めちゃくちゃフランクだった。可愛かった〜。

ロミジュリ毎回泣いててもう見たくない……って思ったけどマイ楽が終わったらもっと見たい!ってなって愉快でした。あとあんステのライビュもあったな!推しユニット、存在するんや!!!って思った。キンブレ振るの楽しい。いまっ扉を開いて〜♪

そんで事務所をやめることが発表されて、あんなにウキウキだったライブがめちゃくちゃ虚無でTwitterで荒れ狂っていたのでフォロワーさんに「大丈夫?」って聞かれました。ありがとう。(?)光100%の推しも、僕こそミュージックを歌う推しも、みんなみんな大好きだった。やっぱり大好きだった。何してても好きだ〜〜!

そんな僕こそミュージックを歌って、わたしが「推しはいつかモーツァルトをやる日が来るのかな、来たらいいな」と思った数ヶ月後に、モーツァルトが発表される。発狂。

推しがニューヨークに突然行き、めちゃくちゃブログが更新されて喜ぶ。そして帰国後また音沙汰なくなり虚無になる。

ライブもベスも楽しかったなあ!そのへんは割愛。

生執事稽古中もめちゃくちゃブログが更新されて喜ぶ。楽しい。一生楽しい!

 

みたいな1年でした。上半期が割と濃密だったので、秋以降の記憶がないです。ワハハ。

そういやアルバムにアイヲステテのPV入るっぽいすね!!!天才新曲は収録されるのでしょうか…………ずっと胃が痛い。まじであの曲好きなんだよ………。

 

いやほんと今年も楽しかった!!!!

空白期間が多くて全然推し見れてないけどちょいちょい他現場行って愉快だった!!!!

バイト納めもしたし、明日は現場納めかあ〜。もう今日だけど。

ま、来年も楽しいといいな…………絶対楽しいと思うけど。楽しくなくても自分が1番楽しんだ人間になる!という心意気で生きていきます。

それでは、良いお年を〜〜〜!!!!

 

おしまい。

11月の振り返りなど

 

暇なためブログを書こうと思い立った。

いや、暇ではない。本当は暇ではない。あんスタのイベント、やらなきゃ……と思いながらこのページを開いている。つまりは現実逃避なのである。のんびりゆるゆるやろ〜と思ってたら昨日前山さんが英智取ってたんでえっ悔しい……!ってなって昨日のうちに取りました。いや、正確にはゲットできるポイントまできたけどなんか覚悟ができずに受け取れていない………早く受け取らないと……………。

 

ということで11月の振り返り!

30-DELUXさんの公演に行った!楽しかった!

ベスに行った!楽しかった!

ベスが東京楽を迎えてしまった!かなしい!

 

ベスの東京楽行けなかったのもゼミのせいでゼミが大嫌いになっていたのに先日先生と電話で喧嘩というか一方的にわーわー言われて、嫌いすぎて勝手に涙が出てきてびっくりした。その後に、感情をこんなに嫌いなもののために使ったのが悔しくて軽く鬱になった。鬱ではありません。

なんやかんや学校が忙しくて、本当〜〜こうなるたびに思うけど、こうやって生きていったほうが幸せやな〜と思った。わたしの幸せかどうかはさておき、一般的な幸せとはおそらくこういうことなのだろう。ほどほどに好きな舞台見て、実生活が充実してて、って。

 まあ、とはならなかったんですけどね!

その反動か給料日に給料の半分ほどチケットに飛ばしました。いやまあそもそもその収入も少ないんだけど……。

なんかもうどうしたらいいか分かんなくて、先生と進路どうする?みたいな話をした時に迷ってるんです俗世をまだ捨てきれなくて……とめちゃくちゃ心情吐露してきた。今思うとカウンセリングじゃないのに申し訳ねえよ。

「やりたいことやったほうがいい」って言う人はいるけれど、やりたいことやってたら徐々に首が絞まっていくよ。逃げたいなあ、って思っちゃう。テキトーに生きたほうがよかったかもな〜って。

まあまだ深刻に考えなくていいし、他にやりたいことが見つかったら調べてみて!って言われたのでぼちぼちやってみます。もともとわたしが目指してた道は公への奉仕の心がうんにゃらかんにゃらみたいな感じなので絶対的にわたしに合ってない。一時の気の迷いというか、一年くらいの気の迷いでこんなとこ行くんじゃなかった〜!という気持ち。授業は楽しいけど、これを仕事にするかって言われるとなあ。めちゃくちゃブラックだし。

という感じで現実と向き合った1ヶ月だったとさ。

 

わたしがfineを見て好き!大好き!応援したい!ってなるのは、背負うべきものがある2人がそれらよりも大事なものがある、と確信して迷いなくその道に向かっている姿が眩しいからなのかなあと思ったりもしました。今回のイベントストーリー最高なのであんスタやってる人は今すぐ読んでください。

 

さ、今年もあと1ヶ月だ!

生執事まで1ヶ月切ったよ!楽しみ!

最近1年が早すぎて、推しの影響か(?)このままあっという間に死んでいくのかなあ、とよく考えます。楽しい気持ちのまま死にたいね!

あなたの推しはどこから?

お題「あなたの推しはどこから?私は○○から」

楽しそうなマイお題があったため書いてみることにしました。以前似たようなこと書いたんだけども。
前まで私の周りにいた友達の推しで所謂若手俳優というカテゴリに括ってもいい人たちって、ハマった作品聞くとテニミュか薄ミュかペダステ、みたいな勝手なイメージがありました。最近は刀とか☆とかいろいろありますよね。というか若手俳優が溢れかえっている(失礼)ので大体の2.5次元作品は新人のマジマジ若手俳優が多い。最近増えすぎてよく分からない。いやついていく気もないんですけど。
という話は置いておいて!
私も例に漏れず推しテニミュから!でした。
推しが好きになる前にハマりかけていた声優さんがテニミュに出ていたのでテニミュを見ました。テニミュを見る前はフッツーのどこにでもいるような二次オタをしてました。
某ゲームの菱○○草さんにめちゃくちゃ恋をして泣きながら○草さんとのハッピーエンドを望んでお金を払って、朝日奈風斗くんにガチ恋をしてPSPを初めて買うなどしていました。
そんなわけで高校○年生のわたしは好きになったキャラの声優さんが同じことに運命を感じ中の人について調べました。なんと顔も好きでした。お察しです。この流れは以前どこかでも書きました。割愛します。そんなこんなでテニミュにハマりました。
ガラケースマホに機種変してからめいこいのデータは消えたし、PSPのデータの保存の仕方を調べても分からなかったので、充電しながら√をクリアしたあとなんとPSPを売りました。あんなに好きだったのにあっけないなあ、と思いながらも、人生ってそんなものだよなと考えます。

そんな今、二次元ではなんと天祥院英智くんが好きになっています。天祥院英智くん、世界で一番のアイドル。やっと見つけた王子様!(違う)
英智くんを好きになったのも詳しいことは省きますが実は今の推しがきっかけでした。何も関係ないと思われそうですが、推しを応援していなかったら彼のことを知ることもなかったんだろうなあと思う。
こうやって、好きなものがどんどん繋がっていって、今の私がある。だから本当は私の推しは何からって一言でかんたんに言うのは難しいけど、テニミュからってことにしておきます。(雑だな)
ま、fineのハロウィン来るまでは多分あんすたやめないのでまだ好きだろうなあ!あんステあるし!スタライ第二弾やるって信じてるし、fine出てくるって信じてるし!
でも精神がDDなのでこれから先もいろんなものを通じていろんなものを好きになっていくんだろうなあと思いました。今まで出会った全てのものは運命だな……と思ってます。

おしまい。

THE REALITY〜not realistic〜

お友達に誘われたので行ってきたよ!

誘われればなんでも行くから行ってきちゃったよ!

めちゃくちゃネタバレなので、いないとは思うけどまだ見てなくてこれから見に行くよ〜って人は見ないほうがいいです。

 

劇団30-DELUXさんの15周年記念企画のひとつとかで、なんでも次代を担う若者を中心にうんにゃらかんにゃらみたいなことを仰ってました。

まあそんなことはどうでもよくて(いいの?)、すごく楽しかったよ!

あらすじとか一切なかったからどんな話かなあと思っていたので、なんというか……何も知らないまま見たほうが絶対いいと思います。

話としては作家の主人公が新作?のアイディアを出しながらああでもないこうでもないと悩んでいて、その内容を実際に映像で見てるっていう感じ。そんな体で短いお話がいくつもくっついてるような構成でした。

ひとつひとつのお話が面白くて、時には強いメッセージ性も込められていて。

それから殺陣がすごい。これほんとすごい。あとダンスもすごい。前説でこの狭い舞台で行われるとは思えないくらい迫力があります〜みたいなことを言っていたけれど本当にすごかったです。前説のときは舞台がめちゃくちゃ狭く見えたけど、なんか本当に殺陣のシーンはそんなの感じさせないくらいすごかった。若手を中心に組まれているので、気迫とかいろいろとすごかった。フレッシュ!

後から思い返すと最初の勇者FUMINORIの話がすごかったなあ。初っ端とは思えない重さだった。悪がいるから秩序が保たれていて、魔王がいるから人間はみんな手を取り合って平和に暮らしているんだって。思わずおお……となった。ていうか全編通して小林さんの演技が光ってる。好き………。(?)

めちゃくちゃどうでもいい話なんですけど、謎解きカフェのやつ、途中からもうタネ?ネタ?が分かってしまって早く〜!!早く〜〜!!ってなってた。ガリレオ見てたおかげだね!(?)

 

そして本当にただの独り言なんだけど、私ってなんだかストプレがあまり得意ではなくて。なんでなんだろ〜って思うんだけれど、多分それは演者の方が喉心配になるくらい声を張り上げるからなんだな、と思って。

当たり前のことだけど、ストプレって、本当に演技をしなくちゃいけないから。分かりづらくてアレなんだけども、ミュージカルだと感情が高ぶったら歌うし、大勢で話しているときも大きな声で割り込まなくても自然と歌で入っていける。ストプレのほうがよりリアルなんだろうけど、ミュージカルに慣れちゃうとうわ〜ってなるんだよなあ。それが面白いなって思いました。(?)

ちなみに会場は想像に違わず狭くて、2列目までは椅子が低くて、お尻が死にそうでした。生執事の時のTDCで鍛えられた私のお尻でもちょっとダメでした。やばかったあ〜!!!AiiAで鍛えないとダメかなあ!?(やめな)

でも小劇場楽しい!熱量が本当にそのまま伝わってくる。今回は特にマイクもあまり使ってなくて、ほぼ生声。そしてつばが飛んでくるくらい近い。リアルに、そこで生きてて、演技をしてるなあって思いました。

リアルなようで嘘の話。それでも確かにそこに生きていたよ、すごかった!DVD買おうと思います!

 

おしまい。